読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂おしいほどイケメンのブログ

最高にイケメンってやつだ心が

自分に制限をかけていませんか?幸せになっていいんですよ

考えたこと

 

何かを始める、もしくはやってみたいことに取り組んでみようという思いはあるけれど、「自分のキャラに合っていない」とか周りからどう思われるか気になって踏み出せないという人は多いのではないでしょうか?

服を買いに行きたいけどそういうお店はオシャレな人ばかりだから行くのは心理的に抵抗がある。
勇気を出して買いに行ったけれど、実際に買って着てみるとちゃんと着こなせているか不安がある。
ファッションに気を使いだすと、周囲からナルシストになったと思われるのではないか。

ファッション一つとっても、それまであまり縁がなかった人が興味を持ってその界隈に参入しようとしたら、人によっては上記のような考えが浮かんで行動を妨げてしまう場合があります。

こうした問題の根本にあるのは自信のなさ、でしょうね。
誰が何を言おうと自分が興味を持ったことについて調べ行動することを制限されるいわれはありません。
そしてこういう場合重要なのが行動を起こすのを制限しているのは、他人ではなく自分の脳内で創り出した想像上の他人の言動や状況であるということです。

まだ何も起こっていないのに悪い状況をイメージしてしまい、足が止まる。
不安は状況を予測して最善の道を選んだり、危機を避けるための防衛反応として必要なものではありますが、瑣末な事柄にいちいち怯えていては現状の場所から動けずに時間を浪費するのみです。

自縄自縛で苦しむのはもうやめましょう。あなたは好きなように好きなことをして幸せになっていいのですから。

 

私にはずっとやりたいと思っていたことがありました。
でもそんなこと自分にはできないし、それをしてしまったら他人から一体どのように思われるかということを考えてしまい、ずっと心のうちに封印してきました。

ですがもうそれは終わりにします。私は心は鳥のように自由で、私の周りを覆っていた鉄格子は幻覚であったと気づいたからです。
もはや私を制限するものはありません。

ここに高らかに宣言します。

 

私は今後犬、猫のことはワンちゃん、ネコちゃんと呼びます。